高宮接骨院は東京都板橋区の接骨院で、往診・送迎も行っています。

高宮ブログ

関節の”しまり”と”ゆるみ”

2021年03月31日
 関節の”しまり”と”ゆるみ”  (スポーツ・骨折)
 
 例えば、
 柔道の受け身はすべての関節を”ゆるみ”の位置することによって
 関節の運動学上、理想的な骨折予防の形となっています。

 逆に、スキーのジャンプ競技は関節を”しまり”の位置にすることによって
 筋力を使わずに、関節の”しまり”で強大な風圧に対抗することが出来る。
 (胸を張り背骨を伸ばし、膝を伸ばし、スキー板が吹き飛ばされないように
  足首を反らせる)
 この姿勢が崩れると”ゆるみ”の位置となり、姿勢を保つのに
 強大な筋力が必要となり、飛行中の安定を保てなくなります。
 
 <やってみよう!>
 腕を動かさないようにし、手首を最大まで反らせた時と
 軽く曲げた時の動きを比較してみましょう。

 反らせた時は窮屈で軽く曲げた時はは楽になりませんか?
 これが手首の”しまり”と”ゆるみ”です。

 転倒し床に手をついた際に、手首が”しまり”の位置になり
 関節の動きに余裕がなくなることで腕の骨の手首に近いところで
 骨折が起こりやすくなってしまいます。
 同様に、
 肘が伸びたまま転倒し手をつくと肘の近くの腕の骨(肘の上)の骨折
 高齢者の方がつまずいて斜め前に転倒したときに股関節付近の脚の骨の骨折
 高齢者の方が尻もちをついた時に腰が伸びていると腰の圧迫骨折
 が生じやすく、逆に関節が”ゆるみ”の位置にあると骨折は生じにくくなります。

各院コロナ対策の徹底を行っております。

マスクの着用・手指・機材の消毒・換気を行っております。

また、待ち時間など寒い場合お気軽にお声がけください。

グループ特製の温湿布(温めた蒸しタオル)でしっかり深部まで温まります☆

おすすめです!!


トレセン前タッグ接骨院では、予約優先制を取り入れています♪

接骨院での待ち時間を軽減させるため、予約の受付を始めました。

少しでも快適に当院をご利用いただければ幸いです。

完全予約ではなく、あくまでも予約優先です。

救急対応・応急処置等の患者様が出た際は、お待たせする場合もございます。

ご来院時間を過ぎた際は順番が変更になる場合がございます。

ご了承ください。

詳しくは スタッフまでお問合せ下さい♪

トレセン前タッグ接骨院

03-5944-2424

もちろんご予約されていない方も

施術させていただきます♪



07時16分

カテゴリー

カレンダー

前の月2021年06月次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索

最近のエントリー

アーカイブ

RSSフィード