治療案内ページ。高宮接骨院は東京都板橋区の接骨院で、往診・送迎も行っています。

治療案内

野球肘

野球肘

野球肘とはその名の通り、野球をする子が
投球動作を積み重ねることによって起こる事が多い肘の痛みです。

正式な医学名称は上腕骨内側上顆炎。
別名リトルリーガーエルボーとも呼ばれます。

肘の内側に痛みを訴え、主な原因としては
投球フォームの欠点は人それぞれですが、
多くの場合、投球のリリースの際に
上体が開いている(正面を向いている)ことによって
肘が体の遠くを通り、肘にかかる負担を大きくしている為
引き起こされる事が多いのです。

野球肘は内側型、外側型、後方型に大きく分けられます。

外側型は少年期に多く、変形など後遺障害を残しやすく
早期発見が重要で

内側型は成長期で骨の問題(骨の異常発達)が多く
成人以降では靭帯損傷が関与するものが多いのです。

後方型も少年期には骨の問題が多いのですが
成人以降では尺骨神経麻痺を伴うこともあります。

yakyu