治療案内ページ。高宮接骨院は東京都板橋区の接骨院で、往診・送迎も行っています。

治療案内

肩の痛み 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは40歳代~60歳代の方に多く、
肩の痛みと可動域制限(腕が動かしにくい、上がらない)を
主訴とする肩関節疾患を総称していいます。

*ただし、今日では「腱板損傷」や「石灰性腱炎」など
 はっきりとした疾患を除外した残りの疾患群
 (特に外傷など原因のないもの)を「五十肩」とよんでいます。
 また五十肩のことを「肩関節周囲炎」「癒着性関節包炎」ともよびます。

急に髪を結えるのが辛くなったり、着替えの際腕が上がりにくくなった
急激な痛みを感じ、腕が上がらなくなった経験はありませんか?
他にも首から腕にかけての倦怠感、夜間痛などがあります。

四十肩・五十肩でナゼこんな症状が出るかというと
元々ひろい可動域をもつ肩関節は主に筋肉や靭帯といった軟部組織に支えられており、
加齢に伴い筋力は低下し肩関節を動かす範囲も狭くなり、
筋肉・靭帯(特に付着部)・腱などの柔軟性や協調性が低下して弱くなります。

そこになんらかの外力が加わった時に損傷し、
逃避姿勢をとることにより動かさなくなる為
線維化が起こり運動制限にもつながるのです。

四十肩・五十肩は一般的に半年~1年経てば自然治癒するといわれていますが
適切な治療により症状緩和、早期回復します。

また、長い間放置することにより運動障害が残ってしまう場合もあります。

sizyu01

sizyu02